「Javaのpropaties みたいに設定情報などを管理することはできないか」

と質問が飛び込んできました。

Laravelでは定数として設定管理することが行います。

以下に説明いたします。

定数をコーディングするファイルを

app/config/const/定数ファイル名.php

に作成します。config配下にconstというフォルダーを作成されたほうが

沢山の関連定数が作成できます。

よく const.php という名前で作成されます。ファイル名は異なってもよいですよ。

今回のファイル名は、const.phpで説明いたします。

このPHPファイルでは、key => value形式で定数を設定することが可能です。

上のコードは、4つの定数を設定した例になります。ハッシュ配列の形式で複数の定数を定義することが出来ます。

定数の利用

定数を利用する際には、

とすることで利用したい定数を使うことが可能です。
配列は添え字を使うことで選択できます

Config::get()を利用してLaravelのController、およびModel内で開発者が定義した定数を使うことが可能です。

またblead(画面)内での使用方法は下記となります

1+

Comments

comments